HOME > 観光情報 > 女性にお勧め観光ルート

女性にお勧め


七日町通り
七日町には様々なお店が立ち並んでおります

①昭和なつかし館

アンテークショップ【骨董倶楽部】の2階がそっくり、昭和30年代の街角をさいげんした空間になっております
癒しの間には天井や壁のよごれ、畳のけばだった感じ全てが手作り

②ほしばん絵蝋燭店

安永元年(1772年)創業の会津藩御用達の老舗です。鮮やかな色合いが美しい、絵ろうそくの専門店です。
菊や牡丹など絵柄は手書きで、親子代々、伝統の技が現代に受け継がれてきています。
店内には工房があり、絵付けの体験も可能です。

③長門屋

本家長戸屋の歴史は、時は江戸、会津藩の時代にさかのぼります
嘉永元年に、時の藩主松平容敬公から「庶民のお菓子を作れ」との命を受け、初代長平さんが菓子作りを はじめたのが始まりとのこと
本当の味が出ないと手作りにこだわってらっしゃいます

④渋川問屋

明治時代に建築された蔵や大正時代の木造家屋などの建物を生かし配置も当時のままで、会津商家の大店も面影をとどめています
かつて海産物問屋だった渋川問屋に、新潟の港から運び込まれたニシンや棒タラなどの塩干物は会津 一円の魚屋や料理屋、旅館に供され、工夫を凝らした会津の郷土料理として親しまれてきました

⑤満田屋

田楽とは・・・昔、田植え等の農耕の儀礼に、笛や鼓を鳴らして唄い舞った日本芸能のひとつで、その白装束の舞姿が串形豆腐の形に似ていることから、豆腐を竹串に刺し、味噌などをつけて火であぶったものが、「田楽焼き」となりました
会津みそ田楽は赤みそと砂糖といろいろな薬味を練りこんで味付けした味噌だれを、串に刺した餅や揚げ豆腐、野菜 乾魚などにつけて囲炉裏の炭火で焼いてあります
芳ばしい香り、みその美味しさ、素朴な懐かしい田舎料理です

⑥白木屋漆器店

約300年余年前の慶安年間に創業、享保年間から現在の場所で累代漆器の製造販売業を継続してます
大正3年に竣工した土蔵造り3階建ての当社店舗内では1000種類以上の漆器を常時取り扱っております